チャイナ娘即in新宿

禅です。

 

 

 

6月21日に即ってからほぼ毎日街に出てるのにずーっと即れなくて病みがち。病みがちで「中途半端な自分に嫌気が差す的な - 禅ブログ」なんて病んだブログも書いたりしてましたねw

 

 

 

 

街にせっせと出て声かけするも結果振るわず。

特にオープンはしてくれて平行トークするんだけど結局LINEすら教えてくれないってパターンが多くてめっちゃ疲れる!

ここを崩せるかまたは早めに損切りするかの判断力は僕の課題だと思いますね。

 

 

 

さてそんな中7月14日の三連休の初日の夜、場所は新宿。猛暑日でしたので日が落ちた夕方から出撃。

 

 

 

いつものテンポで2声かけ。その後身長がかなり高く脚がすらっと綺麗な丈短めのワンピースを着たエロい女性を発見。

 

 

まぁいつものトーンで声かけ。

 

 

一旦ガンシカされる。

(あれ?気づいてないだけかもしれないもう一度)

もう一度声かけしてみると目があってビタ止まり。

(ちょっと周りの視線が気になった)

ビタ止まりから話を色々聞いてくれる。

 

 

 

相手は日本語が話せる中国人。20代半ば。身長180cm。(日本の永住権を持っているのでいつでも帰化できるらしい)

 

 

買い物に行くためにデパートへ行くとの事。

一緒についていって良いか?との打診にすんなりオーケー。

 

 

 

買い物付き合ってデパートを出た時にAmeba TVで見た稲井大輝さんの「YES or YES」を試しに使ってみる。

「お茶か居酒屋どっちか行こう?」

 

 

すると相手は「居酒屋行こう!」との返事。

お茶を選ばず居酒屋を選んだ辺り食いつきを感じる。

また買い物時、「中国語教えてあげる」と言った良い反応も得られた為、これはイケそう。と思った。

 

 

 

居酒屋inして下ネタトークを交えつつ会話する。過去の恋愛話も下ネタを絡ませながらw

禅「しばらくエッチしてないから今日で終わらせたい。」

との投げかけに拒否するそぶりも見せなかったのでイケるな!と確信。

(あと、要所要所で「せっかく夏なんだから!」って挟んでましたw)

 

 

 

めっちゃ落ち着く良いところ知ってるから!いこいこ!って某リゾート系ホテルin。

 

 

 

混んでて待たされるもここはロビーで暇つぶしができるから良いですね。

 

 

 

部屋inしてハグ。シャワー浴びて一緒にお風呂入って美脚舐め回して即!

 

 

 

この子はキープできたら嬉しいな。

キープ地蔵にならないようにハングリー精神は持ち続けますよ!

中途半端な自分に嫌気が差す的な

禅です!

 

 

僕はこれまでの人生ほんと中途半端に生きてきたなーと振り返り思いまして。

何かで抜きん出た結果を出せて来れなかったなぁーと漠然と敗北感を味わう事が多いです。

 

 

ナンパや合コンを22歳頃から始めてましたが彼女が出来たり仕事がしんどくなると普通に活動休止してましたしね。

 

 

同時にバンド組んで楽器やってましたがあまり人脈広げずいつものメンバーで月一ライブやって満足してましたし。

 

 

ドラムにコミットして結構本気になって練習しまくってましたけど、レッチリのチャドに憧れてワンペダル縛りで今でもツインペダル踏めませんしw(ここら辺マニアックやな)

 

 

資産運用も中途半端っすね。「億り人」に本気で目指すならそれなりに危ないリスク取らんといけませんし、結局僕はそんなリスク怖くて取れませんでしたからね。

 

 

筋トレもそうでもうキリが無いですがほんとに中途半端な自分に嫌気が差しますね。まあ無難といえば無難ですが。

そのままおっさんになってしまった。

 

 

つまり何が言いたいかというとこれ見てる若い子達は本気でやりたい事やった方が良いよ!って事です。

何を始めるにしても若いうちなら周りが大目に見てもらえます。

この子に色々教えてあげようという親切な恩師も見つけやすい。

多少生意気でも大丈夫。無邪気さを出しても許されやすい。

そして吸収力が早い。。

 

 

これがおじさんになると「いい年してアホか…」とかなりますからね。

 

 

中途半端で生きてると僕みたいに敗北感味わいますよw

 

 

 

てな訳で僕はナンパ頑張りますw実はまだ生涯経験人数100人超えてないんで完全に枯れる前に100人斬りは超えたいですね!

過去の話②

禅です。

 

 

地元で細々とゲットできるようになった俺は調子に乗って都内への転勤願いを会社に出しました。

 

 

しばらくした後その願いは叶い、ついに夢の東京へ引っ越しを果たしました。

 

 

しかしここから上手くいかず。

 

 

夢と希望に満ち溢れていた俺ですが東京の転勤先はかなり人間関係がギスギスした部署でその中であらゆる噂話、悪口、派閥に疲れ果てすっかりナンパの事なんてやる気になんてなりませんでした。(仕事量も多かった)

 

 

仕事でいっぱいいっぱいでしたがナンパをしに東京に来た訳でやらなきゃいかんと思い、今は無き「ナンパ研究所」というサイトで仲間を募集して何人かと合流しました。

 

 

ちなみに僕の即数はかなり少なかったです。

情けない。

 

 

真面目な良い人が大半で、インパクトがあった人と言えば手当たり次第声かけするローラー作戦ナンパ師、明らかにヤバそうな雰囲気の半グレ系ナンパ師、長身の無口で高圧的なナンパ師とかがインパクト強かったですね。(オシャレさんだったんで洋服をたくさん貰いましたね。楽しかったなぁ)

 

 

 

特にローラー作戦ナンパ師はとにかくぶっ飛んでて生中出しでないとゲットカウントはしないとかw

居酒屋のキャッチに声をかけられると決まって「ウザいからあっち行って」ってハッキリ言って普通に喧嘩になってましたからねwww

おもろおかしい人でした。

 

 

 

そんな人達もナンパから離れ、そのうちに去って行きました。

 

 

 

新規合流もしんどいなーと思いここからはじめて今まで発想もしなかった完ソロを始めてみようと思うのでした。

過去の話①

禅です。

 

 

過去の話を少し。

 

 

僕の生まれはかなりの田舎で出会いを探すのは本当に苦労する場所と言えます。

 

 

自宅から車で40分したところに県庁所在地があり、そこでなんとかギリギリナンパができるって感じでした。

 

 

当時僕は22歳だったのですがそんな街で10歳も年上の合コン師(Hさん)と出会い、色々お世話になった過去があります。

 

 

僕はまだ若く若干尖っていたのでHさんにとって少し扱いにくい奴だったと思います。

それでも優しく相手してくれて本当に感謝しています。

 

 

今でもたまーに連絡してます。

 

 

彼の合コンスタイルは連絡先交換から芋づる。4×4または5×5で開催し電話番号を交換してその中からまた新たな合コンをセッティングしていく。

 

 

 

めちゃくちゃ楽しかった思い出でした。

 

 

 

当時シダックスというカラオケで時間無制限飲み放題一人1500円という破格の飲み放題プランがあり、一次会からこのシダックスでしたw(女の子に食べ物を頼ませないスタンスなので絶対お店は赤字ですね)

 

 

そこで知り合った女の子と後日Hしたり付き合ったりで本当に良い思い出でしたね。