性なるストリートナンパ伝説

30代おっさんのストナン完ソロ記

アメリカ人アポ負けした話

2016年12月上旬、金曜夜の渋谷にて。

ビール入れてテンションアゲアゲで完ソロ。

 

 

白人だろーが黒人だろーがスト高だろーが関係ない!!当たって砕けろ精神爆発してました。

 

 

そんなハイテンションの中、白人女性に声かけ!

 

 

すると満面の笑みで迎えてくれた!!

んで、どこか飲みに行きましょう的な英語話したら即オッケー。

 

(たまにサクッと上手く行く時があるんですよね。僕のテンションがオープンだったからなんですかね?あとは、運ですかね。こればっかりは運。)

 

 

得意の某焼き鳥チェーン店連れ出し。

Google翻訳を使って会話。笑

 

女性側から隣に身を寄せて座って来てツーショット写真撮って来たのでこりゃイケルと確信してしまった。。

 

 

帰りのエレベーターの中でDKして、エレベーター降りてちょっとした物陰でもDK。

 

 

しかしカラオケ打診してみたらこれからクラブに行くとの事。

Google翻訳で「続きは明日してあげる」と言われる。

 

 

ストナン続行したかった事もあってこの日は放流。

 

 

翌日、強気で直家アポ打診するとノーグダで通る。

 

「うおー白人女性が俺のアパートに来るのかーやべー」

って内心テンパってました。

 

 

 

最寄り駅前で待ち合わせすると、おやおや?昨日とは全然メイクも薄いし服装も色気の無い格好。

 

 

話を聞くと二日酔いとの事。(二日酔いってhangoverって言うんですね。。)

なんだか相手のテンションが低い。。昨日の食いつきは何処へやら。。

 

 

適当にお菓子を買い、自宅イン。

 

 

fuluを契約していたので一緒に字幕のハリーポッターを観ることに。

 

 

なんか全然雰囲気が出ない。うーむ。言葉の通じない相手にどうやって口説けばええんや。。

 

 

悩みまくる俺。

 

 

もう行動で示すしかない。

そう思い、後ろからハグ。しばらくハグしてからのキス。

その後お互い横になってキス、からのパイ揉み、、、っ!

 

ここから相手グダリはじめる!

流暢な英語でグダってるから何を言いたいのか全然わからん!!

 

表情からすると、「残念だけれどあなたとはS○Xできないわ。とても残念だけれど」って顔してた。笑

 

 

マシンガン英語トークされながら着替えて帰って行ってしまった。。

 

 

部屋でポツンと一人。放心した後、疲れていたからかいつの間にか爆睡。

 

 

f:id:ZENNPTOKYO:20170228183616j:image

 

 

かしこ。